2007年07月12日

マレーシア・クアラルンプール(日本人に似てるなぁ)

昨晩は夜遅くまで起きていた。 なかなか寝付けなかったのは時差ボケのせいだろうか? 数時間寝たのみで朝食を食べ再度ねむりにつくと気付けば14時だった。 今度は寝すぎだ(笑)

どこに行くあても無いまま宿を出た。 僕の前を通り過ぎる人々は様々だ。 かぶり物をしたイスラム系の女性、どうみてもインド系にしか見えない人。 意外に思ったのが日本人っぽい容貌の人もかなりいる事だ。 たぶん韓国人よりもマレーシア人の方が日本人に似ているのではないか? そういえば今まで行った中では台湾が一番日本人に似てる事を思い出した。

CIMG2884< 観光バスがたくさん停まってるな、ここは何処だろう? >

建物前に案内板に「Sultan Abdul Samad Building」とある。 どういう歴史的背景があるか不明だが、次々に観光バスがやって来るところを見ると相当、有名な場所だろう。 ここは中に入る事はできず外観を眺めるのみ。 しかしバスで来た彼らは写真を撮って足早に次の目的地へ去っていく。 僕はしばらくぼ〜っとしていたが、たいした事は無い建物だ。



CIMG2888 そこからさらに歩きNationalMosqueの前を通りすぎると中華街に出た。 ここはまさに観光客の為の場所だ。 多くの店が並び、そのほとんどは偽者ブランド品だ。 時計から鞄まで何でも売っている。 もちろん中華街なので中華料理の店もたくさんある。

CIMG2891



 



CIMG2889




< 甘い・・・・ 激甘やこれ >

僕はお腹は空いてなかったので、ジュースを一杯買って飲んでみたが異様に甘かった。 黒色のドリンクで果実も入っていたが何かはよくわからない。


クアラルンプールの街は意外と言っては失礼かも知れないが快適だ。 まず交通機関が整備されており、キレイな車両でエアコン付、路線も数本あり使いやすい。 地元色に疲れれば、マクドやスターバックス等の店もあり休憩もできる。 コンビニ(セブンイレブン、他地元系も)やスーパーもあちこちにあり、なんでも手に入る。 タイやエジプトにいるような平気で嘘をつく詐欺師まがいの人にもまだ遭遇していない。 それに、ここには高層ビルもあり文明を感じる。

宿に戻って来ると、受付に預けていた僕のスーツケースは無くなっていた。 修理会社の人が取りに来たのだろう。 しかし明日までに本当に修理が終わるのかまだ疑心暗鬼だ。

CIMG2893 < なんだろうこの食べ物・・・・ まっいいか何でも >

何か食べようと思い宿を出た中華街の近くまで歩いて行くと大型の屋台のような店があり入ってみた。 




CIMG2894


店のおっさんは気さくで皿に御飯を盛ってくれ、食べたいおかずは自分で載せる方式だ。 色々あるが、どれが何かはさっぱりわからない。 無難そうなチキンと不明な2〜3品を適当に選んだが、どれも結構美味しく満足だった。 唯一、ドリンクを注文する時に水といっても理解されず、何故か謎の甘い紅茶?が出てきたのはご愛嬌だ(笑) そういえば昼間飲んだジュースも甘かったが、この国も中東の民のように甘い物好きか?

 
<主な出費・物価>
・缶コーラ 1.7 RM(コンビニで購入)
・ペットボトル水 500ml 1.2 RM(コンビニで購入)
・ジュース 1 RM(路店)
・夜御飯 6 RM



posted by Sho at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007.07 マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。